『容疑者Xの献身』東野圭吾: テンポの良さがドキドキを誘う

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 テレビのガリレオを見ていたせいもあって期待していなかったですが、これは面白い。会話文が多いために小説を読んでいるというよりは映画を観ている感覚に近いけれど、軽快に進んで行くテンポは読者を飽きさせない。ときどき推理小説にある、回りくどさもない。他のガリレオシリーズは読んでいないので比較評価はできないけれど、この作品はエンターテインメントとしておすすめできる。