持つべきものは妙なこだわり

執着はいずれ愛着に変わるのである

そろそろ無理

な気がしてきた。
この鬼のようなスケジュールを順調に切り抜けることが。
勉強とARLISS。
何かを犠牲にしなければならない気がする。
すでにテニスはあきらめた。
次は、家でゆっくりしてる時間を犠牲にしなければならないのか。
嗚呼、ぼくの唯一の至福の時が・・・。