凝り夢中

多趣味過ぎて、五里霧中。

【株式投資の始め方】1万円分でいいから、とにかく株を買うんだ!と勧める理由

投資に関する記事に対するブコメに予想以上にスターをいただきました。ありがとうございます。

投資歴15年の私が教える株の初心者が絶対に押さえておくべきサイト7つ

情報収集ばかりしてないで、単元未満株で1万円くらいでいいから、しのごの言わず知ってる企業の株を買うんだ!自分のお金が増減するリアルな肌感覚を得てからでないと情報の意味が理解できない。

2017/09/11 19:18

 100文字では書けなかった理由をお伝えします。なお、この記事は「これから中長期的な投資をしよう」という方に向けて、少しでも助けになればと思って書いたものです。

  • 自分のお金が増減するリアルな肌感覚を持たないと、情報の意味が理解できない
  • 株を買うための証券口座を開くのには意外と時間がかかる。買いだ!と思ったときに買えない
  • 優待・配当・長期的な株価の増減を体験するには時間がかかる。早く始めて早く体験しておく
  • まとめ

f:id:covacova:20170920234858p:plain

続きを読む

八ヶ岳縦走記録[硫黄岳・横岳・赤岳][ソロ、テント1泊2日]: 転倒と道迷いの反省と知見

年に一度だけは家族から許可をもらっている登山。2017年夏は南八ヶ岳縦走、テント泊をしてきました。

写真では味わえない高度感、空気感を最大限楽しんだ一方で、そこそこの転倒と完全な道迷いを経験しました。記録とともに反省を共有して、みなさんそして自分自身の次の安全な登山につなげたいです。

  • 日程、ルート、タイム
  • 好天に恵まれた(写真3点)
  • 失敗と反省
    • 失敗と反省その1: 転倒 … 確実な三点支持を徹底しよう
    • 失敗と反省その2: 道迷い … 悪路なら疑う、人工物に惑わされるな
  • 得られた知見
    • 平日ソロ山行は空いているが、よりリスク管理能力が必要
    • 荷物軽量化の重要性
    • 一方で「自分にとっての楽しみ」を省略しては意味がない
続きを読む

羽根木餃子[餃子テイクアウト][梅ヶ丘]: ゴロゴロ豚肉の歯ごたえと手作り皮のジューシーさ!

 「世田谷みやげ」の冊子で知った、羽が美しい羽根木餃子。ちなみに羽根木は梅ヶ丘周辺の地名で、こんなにおあつらえ向きの名前は他に羽田空港くらいなもんではないでしょうか。
 イートインも考えましたが、テイクアウトすることにして開店直後の11時過ぎに訪れました。楽しい雰囲気がある梅ヶ丘商店街のちょっと先にある、のれんが素敵なお店。テイクアウトは焼いてあるものを想定していったのですが、冷凍を購入して家で焼くというのが、お取り寄せから始まった羽根木餃子スタイルのようです(+50円で焼いてもらうオプションもありました)。元祖ゴロゴロ肉、羽根木餃子2人前(1人前5個で600円)を購入して家で焼いて、いただく。正にゴロゴロした豚肉の旨味と歯ごたえ。いい意味で肉厚の皮に味が染み込んでいる。美味い!また買いに行きます。

f:id:covacova:20170821215016j:plain

続きを読む

根室花まる[回転寿司][東京丸の内KITTE][待ち平日50分]: 北海道の魚介がみずみずしく、2人で4500円!

 カンブリア宮殿で紹介されているのを夫婦で見て以来、「行きたい!でも東京駅遠いな、子供抱えたまま昼時待てるかな」と踏み出せずにいた回転寿司屋さん。東京駅近くで人間ドックを受ける平日に「今日しかない」といざ訪問。夫婦ともども大満足でした。

 寿司のネタはみずみずしく肉厚で、食感が素晴らしい。待ち時間・待ち方・行列については、KITTE 1階エスカレーターに10:30ごろから並べば30~50分で席に座れます(後に詳述します)。

続きを読む

外食・レストランの満足度(評価)を分解する

外食での満足とは何なのか、という疑問

「今日の外食は、とても満足だった!」というとき、誰かに紹介したくなるけれども、いったい自分は具体的に何に満足しているのだろうか。これが明確なら、友人知人に紹介する際に何が良いのかを伝えられるのではないかと思い至りました。

 食べログでは、一見して評価が分かるためになのか、評価項目を分けていません。その結果、「このお店は何が良いのか?」とレビュアーのコメントを細かく見る必要が生じていました。(食べログ上の評点と自分の満足度は一致しないことが多いので、そもそも参照する機会が減っていたのですが、それは食べログが孕む別の問題。)

 ということで、自分なりに「外食・レストランの満足度」を分解しました。

外食・レストラン満足度の項目分解

項目 評価のポイント
美味しさ 「自分では作れない感」、食感、温度
満腹感 多ければ良いというものではないが、八分目は欲しい
活気 or 落ち着き どちらを求めるのかは、お店による
清潔感 活気/落ち着き、どちらの場合も重要
店員さんの接し方 気付き度合い、笑顔、挨拶
サービスのタイミング 早ければいいというものではない
メニューの品揃え 旬の食材を使っているか、真のオススメを見つけ易いか
待ち時間 or 予約の取りやすさ 予約可・不可による
子連れへの優しさ 子供を持つとこれは外せない
値ごろ感 コスパという言葉は嫌いです。「思ったより安い感」

 どれも主観的ですが、特に「美味しさ」は他人の評価が当てにならないことが多いです。従ってここでは、比較的冷静に判断できるであろう「自分では作れない感」「食感」「温度」を重視することにします。

「体験」をいただいている

 分解した結果を見て分かるのは、良い外食・レストランでは食だけでなく体験をいただいているということ。家の食事では得られないものを求めているのですね。

 今後、これらの項目で「ここはぜひとも食べに行ってほしい!」という外食・レストランを紹介していきます。