フルマラソン完走のために重要な5つのポイント:30代会社員、0歳時の父の場合

2017年3月12日、長い間の目標でありながら達成できていなかったフルマラソンを遂に完走しました。タイムは4時間40分台。目標の4時間30分には若干及ばなかったものの、怪我なく完走することができました。

振り返って、私の経験から「完走のためにこれは重要だ」と言える5つのポイントをお伝えします。
ぜひあなたもフルマラソンに挑戦しよう!

目次

  • フルマラソンとハーフマラソンに、まず登録する
  • ウォーキングをナメてかからない、特に運動経験あるアナタ
  • やる気、フォーム、練習メニューのための本を揃える
    • やる気 : 小出監督の『知識ゼロからのジョギング&マラソン入門』
    • フォーム:『金哲彦のランニング・メソッド』
    • 練習メニュー : 『金哲彦のマラソン練習法がわかる本』
  • 身体が痛くなったら、何か違うことを試みる
  • 家族の協力を得るために、長期的な計画を説明する
  • 最後に
続きを読む

写真をイメージどおりに印刷したい:モニターとプリンターの色合わせ

デジタルカメラでRAWモードで写真を撮影し、パソコン/Mac 上の現像ソフトで現像し、家で印刷する。写真を趣味にしてます、というど、写真を撮るために出かけるということはないけれど、旅行の写真や家族の写真をきれいに撮影して印刷して残したい。そんな人向けの記事です。

ベストな方法ではないことが分かったうえで、同じような境遇の人に少しでも助けになればと思って記事にしました。
お金をかけないでより良い方法が見つかったら、更新・追記します。

目次

はじめに:環境、全体の流れ

モニタ表示どおりに印刷することは難しい

デジタルカメラで撮った写真を自宅でプリント(印刷)するとき、モニターに表示されているとおりに印刷することはとても難しいです。かと言ってカメラのキタムラなどで印刷してもらっても、イメージどおりにできない場合が多いです。

自宅で印刷するデメリット(設備費用、手間、印刷コスト)を十分に理解したうえで、それでも自宅で印刷したい。そんな場合に重要となるのがモニターとプリンターの色校正(キャリブレーション)です。私の設備環境で「まあ、これなら良いでしょう!」となった調整結果が誰かの助けになればと思い、記します。

続きを読む

やり始めたら、もう半分終わっている:やる気と質とタイミングのジレンマを解決する

「やり始めたら、もう半分終わっているよ。」
妻から言われた言葉。

何事も、やり始めることが一番難しい。何かと言い訳を探してやらないように仕立てているのです。

 

やってみると、大して大変でなかったことが分かる。やってみると、ものすごく面白いことだったことが分かる。

そのときにはもう、半分終わっているのですね。

 

続きを読む

「意にそぐわない」は誤り、「意に沿わない」が正しい:辞書引きの楽しみ

ふと「そぐわない」が正しい日本語なのか気になりました。

新明解国語辞典三省堂)では、「そぐわない」は掲載されているものの「そぐう」がありませんでした。そのせいで、一瞬「間違った日本語か!?」と思ってしまった。
三省堂 web dictionary でも同様でした。
http://www.sanseido.net/User/Dic/Index.aspx?TWords=%u305d%u3050%u3046&st=0&DORDER=&DailyJJ=checkbox&DailyEJ=checkbox&DailyJE=checkbox

一方、goo辞書(デジタル大辞泉採用)では掲載されていました。
dictionary.goo.ne.jp

面白いなと思う一方、元々使おうとしていた「意にそぐわない」という文は正しいとは言えないようで、「意に沿わない」が適切のようです。

国語辞書を読む楽しみ

ところで、仕事中に国語辞書を手に取る人は自分の他に見たことがありません。
辞書で言葉の意味を読むの、面白いんだけどな。特に新明解は面白いです。「一言多い」ことで有名です。

新明解国語辞典 第七版

新明解国語辞典 第七版

私が使っているのは第四版です。1989年出版とは驚きました。

新明解国語辞典 第4版

新明解国語辞典 第4版

新年、家族集まって目標を発表し合おうの会

妻の実家では、新年に家族みんな集まって目標を書いて発表し合う会が開かれています。
今年は僕もそれに参加するつもりだったのですが、元旦に(毎年恒例の)熱を出してしまったため参加できず、今日妻と息子(0歳)と会合を開きました。

これはとても良い習慣になりそうです。
毎年実践して、少しずつ洗練させていきたいと思います。その土台として、2017年の実践結果を残します。

続きを読む

思っているだけでなく言う、言うだけでなく行動するようにしたい

「僕にはこんなアイデアがあるんだ」
ということなら誰でも出来ます。
そのアイデア「最後までやりきって形にするかしないか」が、人と人の違いだということをつくづく感じた2016年でした。

これからは100年人生時代。何かを創造しない100年は、あまりに長すぎます。
ブログで発信するという小さなことから、行動を始めます。
まずは記事のテーマにこだわることなく、100記事を作り出すことから!

自分が実体験したこと、自分自身が考えたことだけを忠実に書いていきます。