持つべきものは妙なこだわり

執着はいずれ愛着に変わるのである

モスクワの半日をノヴォデヴィチ修道院・墓地とジョージア料理で楽しむ:2019.10.04

出張からの帰国途中、モスクワでの乗り継ぎのために一泊する必要があったため五、六年ぶりのの半日モスクワ観光となった。紅葉を静かに楽しめるのではないかと、ノヴォデヴィチ修道院を中心に散策することにした。

モスクワの地下鉄は豪華で轟音

モスクワの地下鉄は豪華で、駅それぞれが特徴をもっている。ロシア帝国崩壊後、ソ連の威信を誇示し且つ労働者・農民が普段使うものにお金をかけたと聞いたことがある*1サッカーワールドカップ開催のおかげで、路線図・案内板が少し分かり易くなっていたし、車両も新しいものが導入されていた。旅行者としては、古く轟音を立てる車両の方が嬉しいわけだが市民には嬉しい刷新だろう。

f:id:covacova:20191014070445j:plain:w600
モスクワ地下鉄ベラルスカヤ駅の壁面
f:id:covacova:20191014073212j:plain:w600
駅名は忘れたがレリーフが美しい

ノヴォデヴィチ修道院は2019年10月現在ほぼすべてが工事中

ノヴォデヴィチ修道院は2019年10月現在、全域工事中であり建物の中を見学することができるのは礼拝堂だけである。本堂の外装は綺麗になっていたのでもう少しで公開されそうであるが、交代で礼拝堂が工事となる予想。工事さえなければ、紅葉と建物の合作が写真にはとてもよい。
5年前に訪れた際にはなかったと記憶している、冬用のお湯パイプラインが興ざめであり、工事中の暫定設備であることを願う。

f:id:covacova:20191014070959j:plain:w600
ノヴォデヴィチ修道院は2019年10月現在銭期工事中だが、わずかにフォトジェニックな場所は残っている
修道院の裏にある池の奥には、5年前は見た覚えが全くない摩天楼がそびえ立っていた。特に2重らせんの建物が気になる、evolution tower というらしい*2。次回は訪れたい。
f:id:covacova:20191014071736j:plain:w600
修道院裏の池の奥に摩天楼

ノヴォデヴィチ墓地の個性あふれる墓石と花と紅葉

修道院の隣にある墓地が、秋の紅葉を楽しむのに最適で在った。作曲家、作家などを探さなくとも、個性溢れる墓石と、手向けられた花と、枯れおちた黄色い葉の組み合わせが美しい。5年前は確か無料だったが、観光客からは300ルーブルとるようになっていた。その価値はあるが、やたらとガイドしようとしてくるスタッフが鬱陶しい。一人で静かに歩いて回るのが私は好きだし、おすすめする。

f:id:covacova:20191014071913j:plain:w600
バレリーナのお墓
f:id:covacova:20191014071941j:plain:w600
数学者ウラジーミル・イーゴレヴィチ・アーノルド*3のお墓
f:id:covacova:20191014072024j:plain:w600
落ち葉の絨毯

ベラルスカヤ駅付近で昼食をとるならジョージア料理のSaperaviへ

ジョージア料理をリーズナブルな価格で楽しめるお店。遅めのランチを楽しんだが、夜も良さそうだ。キンキという名前だったか、大きい小龍包が美味しい。中身も四種類ほどから選べる。ハンバーガー屋やスターバックスなどに行かず、ここを試してみてほしい。ラタトゥイユのような野菜のトマト炒め煮、ジョージア流レモネード (試したのはミカン・ミント) も美味しかった。さらにカプチーノを頼んで1500ルーブル弱、2500円ほど。空港に向かう前の最後のご飯だったのでぜいたくをしたが、メイン料理と飲み物一つなら1500円以下に収まると思う。

f:id:covacova:20191014073123j:plain:w600
大きな小籠包である

最後に

初めてモスクワを訪問する方は赤の広場クレムリン・グムデパート近辺は欠かせないが、それならばオープンカフェも楽しめる夏か、空気が徹底的に澄んだ寒い冬をすすめる。

プロテインを毎日のように飲むなら無添加を試す価値あり、人工甘味料は何より不味い

ラソンの練習後のプロテインを飲んでいるのだが、はじめに飲んでいた DNS ホエイプロテインG+の人工甘味料の味にどうしても耐えられなくなってしまった。
DNS ホエイプロテイン ジープラス チョコレート風味 1000g

家でも外でもなるべく添加物が少なく、味も素朴で野菜中心の食事をしているせいか、人工甘味料に対する感度が非常に上がっている。以前は毎日のように飲んでいたコーヒー飲料でもまずくて飲めないものが多くなった。

無添加プロテインがないか調べたところ、ボディウィングのホエイプロテイン無添加をまず試している。そのままだとお世辞にも美味しいと言えるものではないので、抹茶パウダーを適量、砂糖を小さじ1/2入れてシェイカーで混ぜ合わせている。それでもほとんど抹茶の味もしないし甘くもならないので、適量を探っているところである。

美味しくはないが、人工甘味料のまずさはない。人工甘味料が苦手な人には、オススメというほどではないが、試してみる価値はあると思う。

ホエイプロテイン 無添加 ナチュラル 1kg

ホエイプロテイン 無添加 ナチュラル 1kg

辻利 さらっととける抹茶 40g ×2個 粉末

辻利 さらっととける抹茶 40g ×2個 粉末

マラソンの練習は金哲彦さんのメニューを Google Calendar に書き込んでおくとワンストップが実現できる

ラソンを完走し、さらにタイムを縮めるためには漠然とジョギングだけをしていても効果が小さい。しっかりとメニューを組むことが大事だと教えてくれたのは、金哲彦・著『マラソン練習法がわかる本』である。

初完走の時からお世話になっている。今シーズンはサブ4を目指していることもあり、よりバラエティーに富んだメニューをこなすことが重要である。今日はマラソンの週の何週間前田から・・・といちいち本を開くのはたいへん面倒だし、「今週は体作り期で、週6走らないと行けないから仕事を切り上げつつ家族にも協力を仰ごう」などという見通しが立たない。そこで、ラソン当日のメニューをすべて Google Calendar の独立した予定に入れておくことをオススメする。仕事で Google Calendar を使っていることもあり、ワンストップかつ常に目に入るところにメニューが表示される。何かを実現するには、常にそれを目にして意識することが大切だ。下図では他の予定を非表示にしているが、終日イベントでかつ他の予定と重複しない色で書き込んでおく。「Wind Sprintって、どういう練習だったっけな」というときにのみ、本を振り返れば良い。

f:id:covacova:20190916073732p:plain
練習メニューは終日イベントで記入しておく (、他の予定と重複しない識別しやすい色を推奨)

2019/11/24のつくばマラソンに向け、来週から本格的な体作り期に入る。週6のメニューをやりきれるか不安もあるが、楽しみでもある。

関連記事

初めてのフルマラソン完走後に、以下の記事を書いた。
covacova.hatenablog.com

箱根日帰り旅行 2019/09/04 - 箱根の楽しみを探る

家族に了解をもらって日帰りの箱根旅行に出かけた。早速記録を残しておこうと思う。

日帰り温泉:木もれびの宿 ふるさと

平日午前中に日帰り温泉を利用。特別感はないが、清潔で心地よい温泉だった。無料休憩所が広くテーブルも多くくつろぎやすい。無料の冷たい緑茶も、機械から出てくるのでおそらく普通なのだろうが、とても美味しい。
行きのシャトルバスは箱根湯本駅そばから (運転手に行き先を伝えよう)、帰りのシャトルバスは連結している隣のホテルおかだの正面玄関から。無料休憩所から小走りでいって30秒くらい。
日帰り入浴、タオルなしで900円である。
goo.gl

昼ご飯:豆腐料理 山芋料理 知客茶家

平日13時前にお昼を食べた。平日でも10分強待ったので、休日は大変なのではないか。山芋とろろはかぶれる体質で豆腐が好きなので、豆腐メインの御膳をたのんだ。テンポ良く料理を出してくれ、豆腐のいろいろな味わいを楽しめたうえに、けっこうお腹いっぱいになる。店内は落ち着いた雰囲気。テーブル席に案内されたが、囲炉裏を囲む席も楽しそうだった。カップルや家族連れが多いが、男一人でも居心地悪くない。2300円という値段は少し躊躇するが、旅のせっかく根性に任せてもよいと思う。
箱根湯本駅からゆっくり歩いて8分くらい。
goo.gl

相模湖プレジャーフォレストで家族4人 (長男3歳・次男10ヶ月) コテージ泊:2019/9/2-3

世の夏休みが終わったタイミングで夏休みをとり、将来家族でテント泊をするためのキックオフを兼ね、相模湖プレジャーフォレストのいわゆる高規格キャンプ場でコテージ泊をしてきた。遊園地・温泉と併設、東京23区からも1時間強という距離で、初心者家族にはぴったりだと思ったからだ。次回以降の旅の楽しさ・満足度向上のため、そしてここを訪れる人の助けとなる可能性もあると思い、箇条書きで簡単に旅の記録を残す。

遊園地エリア

  • 遊園地が山の坂に建てられているため、移動するアップダウンが激しい
  • 夏は水分確保が鍵
    • 自動販売機は210円のリゾート・山プライスなので注意
    • 水筒持参、カフェ・レストランエリアで水補給というのが賢い
  • 夏休み直後とは言え、経営が心配になるくらいすいている。自分にとっては一切並ばずに乗れる・食べられるので嬉しいことだが
  • 麓の昼ご飯エリアである Wild kitchen のメニューは美味しくない。これは改善してほしい
  • 頂上にある2つの絶叫マシーン:大空天国、極楽パイロットは大人にとってとても楽しい。子供を親で交代に見ながら、ぜひとも乗ろう
    • 大空天国は、なめてかかったがとてもスリルがある
    • 極楽パイロットは、自分でぐるぐる回らせるように操縦するのが楽しい。一回ぐるぐる回り始めると止まらなくなって心配になるくらい
  • パディントンタウンは、3歳の息子にとっては最も楽しいエリアだったようだ
  • ハッスルスパイダー (子供用アトラクション) は0歳からOKと書いてあるが、3歳でも体格のうえで厳しいので注意
    • 歩幅が足りなくて、次の足場に届かない
    • 反対に、大人でも十分に楽しめる。バランス能力を問われ、飽きないつくりになっている
  • ピカソの卵という、迷路の中で体を動かすエリアも面白いが、何しろ暑すぎてすべては回れなかった
  • 乗り物は年齢制限・身長制限のあるものが多い。3歳, 95cm では乗れないものが多かった

温泉

  • 子供を除外しない温泉で、素晴らしい
  • おむつが外れていない乳児も、大きな桶のようなベビーバスが男女湯ともに用意してあり、そのベビーバスを湯船の隣に置きながら温泉に入れる
    • 実際は妻がやったのだが、男湯に置いてあるベビーバスを見る限り難しくなさそうだった
  • 泉質は弱アルカリ泉。私が好きな硫黄泉ではないが、子供にとってはこれくらいがちょうど良い

BBQ、朝ご飯

  • とても暗い。ライトが直接当たっている火起こし部分を選ぶべし。
  • 3歳児用にも料理を買ったが、大人と同じなのでそりゃあさすがに多いだろうという量。
  • 持ち込みができるなら、持ち込むのが良さそう
    • 園を出たあたりにスーパーあるのか?未調査
  • 朝ごはんはビニール袋でがさっと渡され、自分で紙プレートに載せるスタイル
    • 次回からは自分で作ると思う

コテージ (宿泊)

  • ログキャビンSにした
  • 二段ベッド以外の場所は、4畳くらいか?不規則に動き回る息子二人を扱いながら荷物整理はたいへんだが、寝るだけの部屋としては十分
  • トイレもきれい。ウォシュレットである
  • 靴は外に置くので、雨や湿気の高い夜だと靴がぬれてしまう (山テントと同じ) 。ビニール袋などを被せておくとマシかも
  • 受付エリアにあるシャワー施設はとても古いが、テント・コテージが建つエリアに点在するカラフルなトイレ・シャワー棟のトイレとシャワーがとてもきれいでオススメ
    • 使用可能時刻外に使ったところ、お湯の出は悪かったが、辛抱強く待ちながら使えば使えないことはない
  • すいていたので、キャンプエリアを散策していろんな宿を覗き見してきた
    • 坂を登ったり降りたり、その間でバッタが飛び回ったり、長男にはこれが面白かったようだ

相模湖エリアで帰りの昼ご飯:Pizzeria Torno ピッツェリア・トーノ

goo.gl

  • 相模湖沿いにある小さなピザ屋さん
    • 遊園地内でピザ焼き器が壊れていて長男がどうしても食べたいという要望に応えるかたちで探したのが盛正解だった
  • 駐車場は2台分程度
  • 子供に大変優しくしていただいた。お客さんも温かい目で見てくれて、おんぶでうろうろする自分を煩わしがらずにいてくれた
    • 帰りは車も見送ってくださった
  • ピッツァも美味しかったが、デザートのソルベ・フラッペが とても美味しかった
    • コーヒーは、まあまあというところ
  • 藤野エリアのイベントも教えてくれた

総括

休日に行ったことがないので正確な比較ができないが、平日に行くと空いているのでとても自由が利く。余計なストレスを感じることもない。派手さはないが、時間に追われずに過ごすには良い旅先だと思う。
もう少し涼しかったら、もう少し子供も遊べたのだろうと思うが、

www.sagamiko-resort.jp
www.pica-resort.jp