グラスホッパー 伊坂幸太郎: 殺し屋の人情

グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

テンポが速くて良い。視点を変えての描写はラッシュライフにも似たものを感じる、伊坂さんの十八番。さらに描写力に磨きがかかってきている気がする。

伊坂幸太郎の小説は、小説で読むから面白いのであって、漫画化・映像化しては面白みが軽減する気がするのだけれど、世の人はどう思っているのだろう。