永遠のMOTOWN

という映画を見た。
音楽ドキュメンタリー映画だ。
数々のヒットを生み出しながらも存在を知られないバックバンドを描いている。
みんなじいちゃんだが、音楽のこと話すときに生き生きとしているのがなんともほほえましいしうらやましい。
必見の映画だと思うのでぜひ。

EGO-WRAPPIN'

というバンドはいい。
ジャンルはなんだろう。
使っている楽器からすればジャズを意識しているのは明らかだが。
軽く聴いただけだけど。
友達に紹介してもらった。
曲を工夫しようという意気込みが感じられる。
英語はむちゃくちゃだけどね笑

MCJ

早くパソコンおくってこいやー

[電車]大人気ないおやじ

いますよね。
こんでて、体ぶつかるの当たり前なのに、
みんな我慢しているのに、
一人だけえらそうに切れている人。
それがかっこいいとでも思っているのでしょうかね。
言われましたよ。
おやじ「ちょっと押すなよ、ええ!?」
自分「はい?この混んでいる車両の中で電車がブレーキをかけたら、電車と一緒に動いている座標系なら前向きの加速度がかかって、固定端は足しかないのだからそこのまわりにモーメントが生じて上半身から先にあなたのほうに向かっていくのは当然でしょう?」
などと言ってもよかったのですが、
無駄に争う元気もないので無視です無視。


しかしそれにしても、
一日に何回も、
一年に何日も電車を運営しているのに、
ラッシュ緩和の抜本的解決法はなんでみつからないんでしょうね。

用語集

MCJ
パソコンメーカー。けっこう、いい。