「〜のように、~ない」という表現は一瞬の迷いを生むので「~とは違って、~ない」が良いと思う

僕は田中君のように、足が速くない。

という文章だと、一瞬迷ったあとに「ああ、田中君は足が速くて、君は足が遅いのだな。」と理解するのだけれども、どうしても一瞬の迷い(田中君も足が速くないという文意を捉えてしまう瞬間)を拭い去ることができないように思うのです。

そこで私は、このような関係性を述べるときは

僕は田中君とは違って、足が速くない。

と書く・言うことにして、少しでも誤解や迷いを生じさせないように努力をしています。