持つべきものは妙なこだわり

執着はいずれ愛着に変わるのである

F1

本戦はめちゃおもろかった。
デイタイムにやってくれたのが非常にありがたい。
残念ながらわれらが佐藤琢磨は残念な結果だったけれど、
アロンソライコネンはやばかったですね。
RenaultとMcLarenチーム自体もすごかった。
エンジニアがスポーツに参加できるってのはモータースポーツくらいですから、一工学部生としても興奮しました。
片山右京の解説は適当すぎる気がしなくもないが。
鈴鹿って、(相手の車を)抜けるんですねぇ!」
って、解説しろよあんた。

SST

超音速旅客機の実験も成功してみたいで、よかったです。
一回目は、航空機がロケットからぽろりでしたから。

航空機

大学卒業後も航空宇宙業界の勉強を続けていくかどうかはいまでも悩んでいるところではありますが、
やはり一工学部生かつ一日本人として、日本産のジェット機ができるってのはうれしいことですよね。

ロケット

中国ががんばる宣言をしたそうです。
そもそもなぜ宇宙に出るのか。
難しいですね。
自分も、必要ないんじゃないかと思ってしまうことがしばしば。
宇宙なんてやめちまえばいい、ていう意見をあっという間にひっくり返すようなセンセーショナルな出来事はなにか。
やっぱり、宇宙人襲来ですかね。
まあ、そんな宇宙人はぜったい
「ワレワレハ」
なんていわないだろうし、
もしいまの地球人が進化したような宇宙人であれば、
まちがいなく攻撃をしかけてくるでしょうね。
だって、いまの地球人が宇宙にいって自分より下等な生物が支配してる星みつけたら、
征服しようと思うだろうから。
星を支配するで思い出したけれど、
ドラゴンボール Sparking!
っていうソフトは、ちょっとおもしろそうなんだよこれが。
星支配→フリーザドラゴンボール
っていう連想でした。